danjiki

こんにちは!エリコです。

酵素ドリンクの人気に相まって、断食という言葉も広く知られるようになってきましたよね。酵素ドリンクが最近の流行ということもあって、断食も最近できた言葉だと思っている方も、もしかすると少なくないかもしれません。

 

ですが実は、断食の歴史はとっても長く古いものなんです。なんとどのくらい古いのかというと、紀元前から現代に受け継がれているものなんだとか。なんでもギリシャの哲学黎明期から健康法・修行の一環として存在するものなんだそうですよ。

 

勿論、外国のものだけというわけではなく、日本でも同様です。遥か過去の時代から、断食は存在しています。今回はそんな昔から存在している断食について、そもそもどうして断食は痩せるのか?をテーマにお話していきたいとおもいます。

断食が痩せる理由~千島喜久男博士の見解から~

では早速ですが、どうして断食は痩せるのでしょうか?今回は、その理由について千島喜久男博士の見解をもとにご説明していきたいとおもいます。

chishima2

千島博士は「食は血となり肉となる」という健康の基本中の基本を根底に置きながら、その逆「肉(体細胞)は、血(血球細胞)となり食(栄養)となる」と実証した方の一人です。(千島喜久男博士が提唱し、森下敬一博士によって実証を重ねた理論です。)

 

まず第一に千島博士は、食べた物は腸で血となり、全身をめぐって肉となると提唱しています。要するに食べ物の栄養分が、大量の赤血球さらに白血球に変化し、毛細血管やリンパ管などから全身に運ばれていくということです。

 

そして第二に、体細胞は血球細胞にもどり栄養源になるということも提唱しています。例えば、山で遭難した人が、長い期間を経て奇跡的に救助されるといったニュースがありますよね。助かった人たちは案の定、やせ細ってしまっていますよね。これは、飢餓状態で肉や脂肪などの体細胞が血球細胞に戻ったから。生命を養う栄養源となって、消費されたからなんですね。

 

そして最後に、細胞は新生するというもの。ちょっと難しい話になりますが、博士は宇宙の生命エネルギーが経絡に吸収されると、不死の微小生命体が次第に成育・増殖し、それらが集合して体細胞に変化するとしたんです。つまりこれらをまとめると、「食は血となり肉となる」というものの逆もあり!ということなんですよね。

 

断食でどうして痩せる?

danjiki_yaseru_riyu

さてここまでのお話から、断食を行ったとしても決して健康を害するのではなく、自分自身の体でしっかり再生が可能だということがおわかりいただけたかと思います。

 

断食は、おわかりの通りその期間中一切食事をとりませんよね。つまりは、これ以上摂取エネルギーを減らすことができないということ。すなわちシンプルに、一番痩せる方法ということなんですよね。

 

ただここで要注意がひとつ。確かに上記の博士の論理からいけば、不食で生きている人もいるというのもおわかりいただけるかとおもいます。ですが、無理は禁物!本来であれば医師や専門家のもとで、断食を行うのがベスト!あるいは、それが難しいのであれば、酵素ドリンクは利用するなどしていきましょう。

 

代謝に必要な酵素を働かせる、ビタミンやミネラルなどが不足して体調不良を起こす恐れがありますので、積極的に摂りいれるのがおすすめですよ。又、断食中は食事をしないため、水分が不足しがち。断食すると、体は自身に不要な物を汗や尿で外に出そうとします。

 

汗や尿で水分がたくさん必要になるので、こまめに水分は取るようにしてくださいね。いずれにしても、断食は気合いです!空腹との戦いを制して、美ボディを手に入れましょうね♪

本当にオススメできる酵素ドリンクBEST5

酵素ドリンクランキング
数ある酵素ドリンクから人気の酵素ドリンクを厳選して味・コスパ・口コミで評価したランキングを発表!酵素ドリンクでダイエットを成功させたい人は必ずチェックしてみてください。