こんにちは!エリコです。

多くの健康食品メーカーで酵素ドリンクが沢山市販されている中、無添加オーガニック志向の人が増えているため、手作りする人も増えてきているんだとか。インターネットなどでレシピを検索してみると、意外と簡単!なんてうたい文句が多いようですが、実は一歩間違えてしまうと、酵素ドリンクのせっかくの健康美容効果が期待できなくなってしまうんですよ!今回はそんな失敗を起こさない為にも、ぜひ酵素ドリンクの失敗例をチェックしていってください♪

変なにおいや味はしていない?


早速ですが、チェック項目をどんどん上げていきますのでチェックしていってくださいね。まず最初に、作った酵素ドリンクから変なにおいや味はしないでしょうか?

まずは味見…の前に臭いをチェックしてみましょう。これはとっても危険なサイン。腐敗…つまりは腐っている可能性がありますよ。でも、酵素として発酵している場合は酸っぱい匂いがするはず!なんて知識豊富な方もいるかもしれませんね。

ここでいう変なにおいというのは、鼻をつくようないわゆるアンモニア臭のことをさしています。変なにおいが少しでもすると思ったら、飲むのは控えるようにしてくださいね!

エリコのワンポイントアドバイス
ちなみに、私自身もネットのレシピで見たことがあるのですが、いくら旬な野菜だからといっても、ネギやニンニクなどの刺激の強い植物を入れるのは、あまりおすすめしません。経験者が言うのですから、間違いなしですよ!味が一気に悪くなってしまいます…。

泡が出る・味に変化がある…発酵のサインはある?


続いては、発酵のサインがない場合も失敗といえるでしょう。というのも、酵素ドリンクを作るとある時間が経てば発酵するのが当然です。その発酵のサインが、泡が出たり、味に変化が出るといったもの。ですが、中には泡が出ない、味が変わらない場合があるといいます。これには実は気温が大きく関係しているようなんです。

暑い夏の方が発酵が進みやすいですし、寒い冬の方が発酵はしにくくなっているんですね。そしてさらに、材料を容器に入れておくだけではNGです。必ず1日1回素手でかくはんしてください。この時、ゴム手袋はしないこと。というのも、自分で飲む酵素には自分の皮膚にある「常在菌」で発酵させるのがベストなんです。その方が、より一層自分の体になじむ酵素になるようですよ。

エリコのワンポイントアドバイス
かくはんするときには、必ずハンドソープでしっかり手を洗ってかき混ぜていきましょうね♪

もしかして、野菜やフルーツの種を入れていない?


まだまだ失敗例はあります。これが意外とやりがちとも言えるんですが、野菜やフルーツの種を入れてしまってはいないでしょうか?実は野菜やフルーツのの中には、酵素を抑制する物質が入っているんです。ただし、よく酵素ドリンクに使われやすい種の細かいキウイなどは種を入れても大丈夫。ですが、りんごだったりマンゴーなどの種の大きい物は取り除くようにしてくださいね。

意外にも?!黒砂糖を使っていない?

黒砂糖は健康的ですし、酵素ドリンクにぴったり★と思っている人も多いかもしれませんが、大間違い!黒砂糖は確かに健康的です。ですが、ミネラルを多く含んでいます。これがつまり、酵素ドリンクを作る上では不純物になってしまうんです。よって、黒砂糖で作ってしまうと、発酵に時間がかかってしまうんですね。ですので酵素ドリンクを作る場合は、白砂糖やグラニュー糖を使うのがおすすめですよ♪

本当にオススメできる酵素ドリンクBEST5

酵素ドリンクランキング
数ある酵素ドリンクから人気の酵素ドリンクを厳選して味・コスパ・口コミで評価したランキングを発表!酵素ドリンクでダイエットを成功させたい人は必ずチェックしてみてください。